アバンダンティア・アバンダンスレイ〜 ご感想や私の感じ方

Harmony of irises  Top頁へ

Harmony of irises Top頁へアチューンメントセッションのご案内頁へワークショップ&セミナーのご案内頁へ書籍のご紹介頁へ詩のご紹介頁へ☆風の声・花の光☆ Sylph(風の精)'s 徒然お便り へHarmony of irisesへ お申込み・お問い合わせ

 アバンダンティア・表頁へ戻る 
私の個人感へ いただいたご感想へ

この頁では、2006年度に
モニター様とのやり取りを通しての私の感じ方、及び、
アバンダンティア公開初年度となる2007年度に
お受け下さった方々からいただいたご感想から
一部抜粋して、ご紹介させていただいています。
いささか古くなりますが、興味が湧きましたら、
どうぞご参照ください。





〜  私の個人感 〜
アバンダンティアが近づくとき、私は大抵、輝く眩い光として、
あるいは熱や波動や香りとして、感じるのですが、

(女神は光です。私たちのように固有の肉体を持ちません。
が、具現化は自由自在なようで、様々なイマジネーションも顕してくれます。)



:*: ある時、彼女は大輪の薔薇の花のようであり、
美しい光の花びらが、幾重にも重なり合いながらを渦を巻いていて、
渦の先は天空の彼方に続いているようでした。
オーロラが、近い雰囲気かもしれません。

この頁には、薔薇の花をイメージモティーフに用いていますのは、
この時のイマジネーションに基づいています。



:*: またある時には、愛らしいキューピットのようであり、


{{{ 初回友人モニターS・S様の例 :
 
光のキューピットのようなアバンダンティアが、
アチューンメントの前日から私の傍に顕れていました。
その様子はまるで遠足を待ちわびている幼子のようで、
うきうきした表情でとても愛らしいのです。
 
が夜になっても、強い光で煌煌と私を照らすので、
なかなか眠らせてくれません。
アバンさん、お願い、あっちに行ってて!
アチューンメントは明日なのだから!
と頼むほどでした。

 
当日、アチューンメント開始時間になると
アバンダンティアは可愛い頬を大きくいっぱいに膨らませると、
思いっきり、ふー!と息を吹き込むようにして、
一気にエネルギーを私の頭頂から送り込み、
そして遠方に住むS様へと注ぎ込んで行きました。


頬を膨らませたアバンダンティアの表情や仕草の、
愛らしいこと愛らしいこと・・・・・・・、

といっても光体の大きさは人間の100倍以上ぐらいはあると思ってくださいね。
その上、送られてきた光たるや、吹き飛ばされそうに強烈なのでした。
ほんと、机に掴まっているほどでした・・・・(笑)。


このときのエネルギーの流れ方は脈々と波打つように、
そして止めどもないほどに・・・・・・で、
S様からも同様の感想をいただきました。
}}}



:*: そして、別のある時には、

光輝く白象の背の天蓋の中に優雅に座り、
まるでインドの幸運の女神・ラクシュミを思わせるようなイマジネーションを
顕してくれてみたり・・・・・・・・(?_?)で、


アバンダンティアは、イマジネーションからして、
とても豊かな表現(顕現性)を持つ気がします。




 :*: いずれにしても、アバンダンティアの光の体から、
常に大きく放たれている光のオーラの表情は、
”溢れんばかりのピュアな喜び”です。



彼女はこのオーラから、金貨を降り注ぐとされています。


(実際に金貨というものが降ってくるわけではありませんので、
そういうイメージだと、お思いくださいね。


このイメージが定着し言い伝えられるほど、
豊かさや恵みに古くから関わりがあったのでしょうね。)





◆ ここに書かれていますことは、私が実際に感じましたことを、
ありのままにお伝えしようとしているものですが、
科学的根拠や解釈に基づくものではありませんことを、
ご理解下さいませね。


※ また感じ方や起きることは人それぞれに違います。






頁最上部へ




 いただいたご感想から、一部ご紹介 
(2007年度分から抜粋しています。)



*** 両手が熱くなってきて、次第に足まで熱が拡がったかと思うと、
体がフワ〜と持ち上がるような気がした。(T・H様)



*** 途中で、胸から不思議な感じにビジョンが沸き出し、
その中で自分がダンスをしていた。
服装や周囲の様子で、過去生と思った。
ダンスに興味を感じる訳が判った気がして、
楽しかった。(H・N様)

(この方は、その後、希望する就職が決まった!
とのお知らせをいただきました。
おめでとうございます。(^o^)/)




*** 何ともいえない充足感を感じた。
シャアの内容にビックリした。
会ったことも、話したこともない人なのに、
深いところが読み透されている気がして、どうして?と思いながら、
自分でも判らなかった胸のつかえが外れて軽くなった。
久々に幸福感に満たされ、
涙が出てしまった。(Y・O様)



*** 気持ちのよい感覚が続いた。
うまく説明できないが、半意識のようになっていた。
シャアには驚いた。


(この方の際には、生まれる前のご自分からの伝言が届きました。)
そして、何か良いことがあるらしいですよと、
お伝えしますと、

その夜、お母様からプレゼントのお金が届いたそうでした。
(A・K様)




*** 始まる前から眠ってしまった。
翌日、何とも言えない充足感に満ちていて、
なぜか繰り返し涙が溢れ出たりした。
泣けてならない、でも理由もないのに嬉し泣きだった。(K・S様)

(この方は、過去生から持ち越した?らしいトラウマが浮上し、
同時に、その時の生らしい光景もビジョンに展開し、
アバンダンティアの光を浴びる中で、それらが次第に氷塊するように、
癒され、解放が起きていったようでした。

この方の場合は、1回目は、
ご自身の内部からの抵抗が激しく起き、
こちらでも、それが判りましたので、急きょ相談の上、
日を変えて、やり直しを行うという例外ケースとなりました。



*** 始めは緊張していたが、熱さを感じ始めると、
すぐウトウト眠ってしまった。
レポートの内容が驚いたが、符合するような気もして、
複雑な思いがした。
その後、それまでの仕事に対するこだわりが消えて
転職の決心がついた。(男性S様)


(( この方の際は、ご本人の後ろに、
貧しげな身なりの僧侶が現れました。
(過去生の姿のようにも見え、別存在のようにも見えました。)
僧侶はじっと目を閉じ、合掌して、
この方の後ろで、降り注がれるアバンダンティアの光を、
共に浴びていました。
同時に、その僧侶の記憶らしい、凄惨な光景が見えました。
 
古い時代の日本の農村らしいところでの飢餓の様子のようでした。
大地は乾ききっていました。太陽は遮るものもなく、ぎらぎらと照りつけ、
乾いた地面のあちらこちらで、人が倒れて放置され・・・・・・・略。


やがて、先ず五芒形の大きな光に、二人は包まれ、
次に六芒形の、ご本人の胸周りほどある大型のが次々降り落ちてきて、
それは二人の立っている足元の地面に入ってゆき、
周辺の大地へ広く拡がってゆきました。
この時点で僧侶はふっと消え、ご本人が燦燦と輝いて行きました。
))


*
 この方のご職業は農業で、度重なる風水害で借金が膨らみ、
心労と過労で体も壊して苦しんでおられました。
転職の決心をされてから、ご経験を生かしたお仕事が幸いに見つかり、
その後、生活の建て直しに、
ご夫婦で前向きに励んでおられます。
安心感のあるお幸せを、心からお祈りします。



 


 


★ 皆様からいただきましたご感想は、
いずれまた別頁を設けて、
(掲載の許可をいただいている範囲から)
ご紹介させていただきますね。

皆様、それぞれオリジナルで貴重な体験シャアを
有難うございます。



★ 眠ってしまって・・・・・・、とおっしゃる方は多いですが、
日常の思考で忙しい脳を休ませて、
内面の静かな場所に入ってゆくための
一時的プロセスですから、大丈夫ですからね。(^-^)/






頁最上部へ

* アバンダンティア・表頁へ  戻る







 :*: Harmony of irises コンテンツ :*:
Harmony of irises  Top頁へアチューンメントセッション、インフォメーション頁へワークショップ、インフォメーション頁へHarmony of irises ご予約可能日の頁へ
管理者、プロフィール頁へ個人情報のお取扱いについての頁へお申込み・お問合わせ方法のご案内の頁へ
つれづれブログへ エンジェルカードのご紹介頁へ書籍のご紹介、インデックス頁へ
心を癒す詩のご紹介







 

心・ハートの癒し、安らぎへのシフト等、変容プロセスのトータルサポート / Harmony of irises
Copyright(C) 2007-2016. Harmony of irises. All rights reserved
サイト内の文章及び画像のコピー転載を禁じます。