セッションの流れ等の詳細はこちら

この頁の目次
(下記文字をクリックで該当項目に移動します。)

1、クァンインとは?
2、クァンイン・ラベンダーフレイムとは?

3、補足
4、独り言

浄化と深い癒し
慈愛の女神、クァン・インとのコネクション 

クァン・インとは?

 

  観世音菩薩・観自在菩薩と呼ばれ、この言葉はサンスクリットで「アバローキテーシュバラ」(世の人々の救いを求める苦悶の声、音を聞くとすぐに助ける。)という意味です。

 日本では仏教を通して古くから親しまれ知られていますが、ヒーリングの世界では「慈悲の存在」として、またラベンダーの光線の扱い手として認められています。 

 

クァンイン・ラベンダーフレイムとは?

 

深い癒しと浄化 そして より高い次元へのシフト変容をサポートするために、慈愛の女神クァン・インのエネルギーとのコネクションを創るアチューメントセッションです。(ヒーリングの一つの方法でもあります。)

 

蓮と光のイメージ画像

 

 

★- 女神クァンインは、 
私たちのエネルギーフィールドの中の、ネガティブなエネルギーを軽減し、ゆっくりと浄化し、バランスをもたらしてくれます。
    
私たちは日々の暮らしの中で、知らず知らずの内に、自他から創りだされたネガティブなエネルギーの影響を受け、内にある本来の愛と光の輝きを曇らせている場合が多くあります。また過去や、過去生からのトラウマの影響を手放せずに苦しんでいることもあります。
 
女神クァンインは、それらのネガティブなエネルギーを穏やかに、かつパワフルに浄化し、平和や調和、慈愛の感覚が呼び覚まされるよう、サポートしてくれます。


★- 女神クァンインはまた、
ラベンダー色の炎のエネルギーで、柔らかに私たちを包み、自分自身への思いやりや、自己破壊の無意味さを教えてくれます。
 
そして、「今ここにある、貴方はそのままで完璧。完全になるために必要なものは他になにもない。あなたは神の素晴らしい子供で、それだけで十分」と、優しく教えてくれます。 

 

 

補足

 

★- クァンイン・ラベンダーフレイムは、ご自身の意志でお選びいただく、単独のアチューメントセッションです。宗教との関わりは有りません。どなたでも受けていただけます。


●-
 この慈愛の女神クァンイン・ラベンダーフレイムの、この上なく優しく、かつ広大無辺の深遠なエネルギーと、アチューメントで深く繋がることが出来、いつでもアクセスし、活用することが出来るようになります。


★-
 クァンイン、ラベンダーフレイムのアチューンメントは、シンプルなノーマル版と、シンボルを使うロータスジュエル版との2種類の方法があり、当方では両方を統合し提供させていただいています。(テキストは2種類をお渡しします。)なお2種類の違いは別途頁をご参照ください。 

 

クローバー 三つ葉私が受けた際の感想を別頁に記載しています。
ノーマル版
ロータスジュエリ版
グレーシンプルライン
クローバー 三つ葉大変パワフルだった或る方のセッションの
私の感想を
旧ブログに記載しています。
グレーシンプルライン

 

 – Ayaの独り言


 現代社会では、
思いやりや慈愛の心は、とかく脇に追いやられがちです。なおかつこの社会には攻撃的波動が満ちていて、たくさんの痛みや悲しみが、日々に次々と創りだされています。

 このような社会背景だからこそ、
慈悲の女神は、攻撃的波動の浄化や、慈愛のクオリティを私たちの心に呼び覚ますため、直接的アプローチに出現しているのではないでしょうか。そして本来内側に宿っているはずのクァンイン性(慈愛の心)を思いだし、呼び覚まして行くのは、私たち自身ではないでしょうか。

 是非多くのかたにクァン・インの働きかけを受け取り、自らの温かな慈性を思い出し育んでいただければと、願って止みません。

 

グレー花ライン

セッションの流れ等の詳細へ
 グレーシンプルライン

 

 

クァンイン、イメージ画について
草葉一壽氏作・陶彩画「宝珠観音」図をお借りし
加工して使用させていただきました。
陶彩画制作→今心工房公式HP