この記事は2007年公開の旧HPから移したものです。
古い記録になりますが、当時のまま残しますので、
お気が向かれましたら、どうぞお読みください。
この頁はライタリアンレイ™ の
パート2(クリアリングレイ)を私が受けた際の様子です。
蓮と光へ向けて イメージ画像

ライタリアンレイ™ とは?については
こちらです。
グレーシンプルライン

※ セッション中に感じることは(物理的視点では)荒唐無稽に思われるかもしれません。
ここでは、感じたことを(言葉で伝えられる範囲)ありのまま記しますので、捉え方や解釈の仕方は、お読み下さる方にお任せします。

目次
1、セッション中の様子
2、ファシリテーターの方からいただいたシェアメールより一部抜粋 

クリアリングレイ™・私の感想

コネクション: AM・エル・モリア

 

 

紫花イラスト 画像 準備瞑想で呼吸を整えていると、いつの間にか少し眠ったようでした。
はっと気づくと、すでにサードアイがとても柔らかに呼吸していることに気づきました。

 

★- 白い・・・・と感じると、パッと頭が縦に割れるような衝撃を感じ、左側が白や金色の光を帯び、右側が深い藍色というか、漆黒の夜空のような感じで、(昼と夜といった感じでしょうか?)

五感が不自然で頭が苦しい~という感じがしたのですが、ふと気付くと、また白い(真っ白な)・・・・何かの感じの中にいます。

 

★- 次に、体の先ず左横からすっと、フワッとして、が長いものが伸び、次に右方向にも伸びて行き、羽根?と思うと、瞬時にそれが十字だと判りました。
(自分が白い十字になっているのでした。)

すると、その十字のその中心にまた自分が居ます。中心に居る自分も、白い十字のようでした。
中心の自分のその中にも、また白い十字型の自分が居る気がしました。
(白い十字の多重層状態です。)

(どこまで行っても十字が続く・・・・、ぽっきり飴みたい・・・・・などと変なギャグを思い出したりしました。笑)

十字そのものに聖幾何学模様として意味があるらしいのを感じましたが、この時点では意味までは判りませんでした。

 

★- 白い何かが肉体の外側を包んでいます。

白い成層圏に浮かんでいるような気がしました。

白い、その中心は、懐かしい気がしました。

白ばかりです。

白の中で、懐かしく、目に涙がにじんでいるのを認識していました。

 

★- ここは白い宇宙船ね?と思いました。

すると遠くから ”ハートです”と、声が聞こえました。
ああ、宇宙船はハートの中にあるんだっと、変な納得をしました。

”ハートの中に宝がある”、とも聞こえた気がしました。
ああ、宝船ってハートの宇宙船なんだっと、これまた変な納得をしていました。

 

★- 白い成層圏に、しばらく漂っていました。

白い宇宙船に乗って、帰路に着いている気もしました。

懐かしくって、目にはじっとり涙がにじみ、うれしく・・・・・・。

口の口角が上がり、笑みになっているのを認識していました。

しばらく、白い成層圏に漂っていました。

 

★- ふと気付くと、白い、けれど鈍く光る、真綿に包まれた卵のような形の何かが、自分の胸の中にある気がしました。それをじっと見つめまして、これ心臓なの?と思いました。すると、”ハートです”と、再び遠くから聞こえました。

その中に入るように促されて居る気もしました。

ここで、ドランヴァロ・メルキゼデク氏著書「ハートの聖なる空間へ」で記載されているハートの小部屋のことを思い出しました。
(この時点では読み終えていませんでした。)

その中に入ろうかどうか戸惑いました。入れると感じました。でも入ると、とてつもないことが起きそうで、まだ準備が出来ていないと自己防御しているような、躊躇う気持ちが沸き起こりました。

 

★- すると頭の左上が圧迫されて、頭痛を感じ出しました。胸からも吐き気がしてきました。

時計を見ると、45分が経過していました。

頭痛がガンガンとひどくなり(頭痛は頭の左上ばかりです)、サードアイの反応が止まらず目を開けていられず、瞑想スペースで横になっていたのですが、ベッドに移ることにしました。

頭痛と胸苦しさで、なかなか寝付けませんでした。(夜間の遠隔受けでしたので、セッション後はそのまま就寝できるようにしていました。)

でも結局、いつの間にか、夢も見ず、眠りました。

美しい新緑が包む山景色が目の前に現れ(夢でしょうね)、目が覚めました。

 

※ 非常に静かで深い浄化が、真っ白なイマジネーションの中で、行われていたようです。

 

 

 

ファシリテーターの方からいただいた
シェアメールから一部抜粋

 

花2輪、白ブルーイラストここで起こっていたことは、シンプルにいいますと、次のようなことのようです。「あなたは今、過去世、今生、さまざまな場面、そして不要なおもいこみ、制限など、それらのとてつもない量をおろしました。どれだけあなたが軽くなったかご存知ですか?」というようなメッセージがあり、さまざまなレベル、わたし達の知覚外のレベルも含めて、この世の時間では一瞬ではありましたが、深いクリアリング・プロセスが行われていたようです。

その後、エル・モリアから渡されたエネルギーはすぐに、ウォーキング・ステッキのような形となり、すぐにAさまへと渡されていました。それは地球での生をより楽に生きるため、そしてその先にはめ込まれた玉が、なんらかゆくべき道を教えてくれるナビゲーターの役目もしてくれる、そういうことでした。そしてAさまは「羽があるから飛べもするけれど、これをもらったから歩くのも楽しむことにするわ!」とおっしゃっており、ある意味、歩く=地球での経験のようにもわたしには感じられました。 —後略—

 

グレー花ライン

ライタリアンレイ™ について詳しくは
こちらです。
グレーシンプルライン

 

 

クローバー 三つ葉パート3(ヒーリングレイ)に続く

 

— © 2007年 Harmony Irises —