この記事は2007年公開の旧HPから移したものです。
古い記録になりますが、当時のまま残しますので、
お気が向かれましたら、どうぞお読みください。
この頁はライタリアンレイ™
パート3(ヒーリングレイ)を私が受けた際の様子です。

瞑想イメージ画像

ライタリアンレイ™ とは?については
こちらです。

グレーシンプルライン

※ セッション中に感じることは(物理的視点では)荒唐無稽に思われるかもしれません。
ここでは、感じたことを(言葉で伝えられる範囲)ありのまま記しますので、捉え方や解釈の仕方は、お読み下さる方にお任せします。

目次
1、セッション中の様子
2、ファシリテーターの方からいただいた感想メールより一部抜粋
3、事後に 

ヒーリングレイ™・私の感想

コネクション: AM・ブッダ

 

 

紫花イラスト 画像 早めに瞑想に入ろうとしましたが、緊張がなかなか解けず、リラックスした感じではないまま時間を迎えました。

が、横になっていると、気圧が変るのを感じました。
そして、微細な光のシャワーを感じ、さらに金色の光が降り注ぐのを感じました。

 

★- 次に、右側に白象が現れ、象の上に白い存在が乗っているのが見えました。存在は優しげな笑顔です。

私の内側から、”ゴータマ!”と呼びかけるのが聞こえました。

 

★- ゴータマという言葉が、内側でこだましている中、ふと気付くと、四角っぽい箱のような中に居ました。箱といっても、壁はなく、気圧の違いによって四方を囲まれた何かの中に居ると、認識したという感じです。箱の中は何も無い感じです。

聞いたことの無い言葉が飛び交っていました。
宇宙語?と思いました。
宇宙ステーションに居るんだと感じました。
でも何も回りに有りませんし、見えません。
何も無い!!という感じです。
そこでふっと意識がなくなりました。

ガイア・デザイン画像


★-
 ハッと気付くと、メタリックな感じの床の上に横たわっていました。
床は少し窪んでいて(円形の窪み)、周囲に少し高い平面スペースがあるらしく、そこへ上がる2、3段の階段が見えます。
階段も床もとてもメタリックなイメージです。

起き上がって、その階段を上がると、目の前にワイドビューといった感じの窓が広がっています。
窓といっても、ワイドビューで窓枠は見えません。全面が透明なクリアガラス窓状態です。

そこに立って、外を見ると、都会の夜景が広がっているように見えました。高層ビルの高層階で大都会の夜景を見ている感じです。
しかし、よく見ると、それは無限に拡がる宇宙空間、星々の空間でした。
(星空を、宇宙の中間層で見ている感じ。)

ここで、?????という思いが湧き上がってきました。

 

★- 次の瞬間、元通り、自分の部屋で横たわっていました。

あれ??と、ここはどこ?という変な気がしましたところ、右側に、再び白象に乗った白い存在が現れました。

存在はすぐには消えず、笑顔でこちらを見ています。
白い存在の衣服は、弥生時代?かあるいは古事記を思わせるようなシンプルな服装にみえました。

私の内側に、別な存在がいるかのようで、内側から、おおゴータマと呼びかけています。

白象の上の存在は、私の内側の存在に、テレパシーで話します。
「ずっと一緒だった、一度も離れたことはなかった・・・・、
共に歩んだ・・・・幾生も・・・・。」と。
私の内側の存在は、おおゴータマ、わが友・・・・、
おおゴータマ、わが愛・・・・、といった感じのことを
連発するようにして、呼びかけていました。

(※ 存在は、とてもお若いお姿です。釈尊のイメージではなく、出家前のゴータマ・シッダルダ王子のイメージだったかもしれません。無垢でお優しい眼差しでした。
背後に、池のある明るい庭園らしい光景がちらりと見えました。)

懐かしく、あたたかく、安らぎに満ちた感覚に包まれていました。

 

★- やがて、頭の左上が脈打ち始めました。

存在は消え、しばらくぼんやりしていると、頭の脈打つ感じが苦しく負担に感じ始めました。

私は、なぜ?ここ(アチューメントの儀式の場)に居るんだろう?という疑問が沸きあがりました。
ブッダエネルギーとは、ゴータマ・ブッダ(釈迦)を通して、確かにずーーっと昔から繋がっていたという気がしてきました。

もう良いような(終わった)気がして、時計を見ると30分の経過でした。
ここまでが大体セッション中の様子かと。

 

★- まだ早いかな?と思い、しばらくそのまま横になって、
自分の今生、知り得た範囲の過去生での、”ゴータマ・ブッダ”とのご縁について、ふつふつ思い出したり、考えたりしていました。

頭の左の脈打つ感じが続きましたが、やがて就寝しました。

 

(※ ビジョンの中でのゴータマは、釈尊・ブッダとしての大きな役割を終えられ、シッダルダ王子に戻って、故郷の宮殿で寛いでいらっしゃるかのようにも見えました。あるいはその光景は天界のイマジネーションだったのかも・・・・。何も確認は出来ませんが、とても穏やかで安らかなイメージでした。)

 

 

 

ファシリテーターの方からいただいた
シェアメールから一部抜粋

 

 花2輪、白ブルーイラスト白い光線がAさまのクラウンの方へと流れて来て、しばらくその光線に満たされていらっしゃいました。そして後半の方で、なにか叡智に関する一冊の本をA.M.ブッダから贈られました。本はなにかの象徴でもあるのかもしれません。

またAさまの胸元には花束があり、きっとA.M.ブッダから贈られたものだったのだと思います。その美しい花束は、これからAさまがお渡しになってゆかれる花束であり、その花束の一つ一つのお花を渡された人の周囲にて、更にお花が咲きだし、美しい循環となり、この世に花畑を作ってゆくような、そんなお働きもあると感じました。またAさまはとても美しく大きな蓮の花に乗っていらっしゃり、それはそれは美しい光景でした。—後略—

 

事後に
(ファシリテーターの方がご覧になった
ビジョンへのお返事メールの一部)

 

 

青花イラストメタリックな空間から、こちらに戻った際、体の手の位置や ポーズが変っていて、短い時間に、いつの間にか寝返りをしたんだと思いましたが、胸に置いていた石はどこかに振り落とされ、左の手の平で胸を押さえていました。

そのとき、手を離そうとしたのですが、ふっと、なにか大事なものを胸に抱えているような気がして、その何かを包むように、最後まで左手を胸に置いていました。

左手で包むように抱えていたのは、”花束”だったのかもしれませんね。

 

 

ライタリアンレイ™ について詳しくは
こちらです。
グレーシンプルライン

 

クローバー 三つ葉パート4(アクティベーションレイ)に続く

 

 

— © 2007年 Harmony Irises —